メイン成分で比較 | ベルタとノコア

シラノール誘導体と新型ビタミンC誘導体ファンコス

水滴

妊娠線クリームベルタのメイン成分は、
肌を引き締める効果をもつシラノール誘導体

 

一方、ノコアのメイン成分は、
通常の200倍の浸透力を持つと言われる
ビタミンC誘導体ファンコス

 

 

どちらも、妊娠線などトラブルを起こしてしまった肌に効果的とされる成分です。
「こちらの方が良い!」と決められるものではないので、
それぞれのメリット、デメリットについて検証してみました。

 

 

紹介しているものは、成分の効果であり、
商品の効果を保証するものではありません。

 


ベルタのメイン成分シラノール誘導体

妊娠線クリームベルタ

 

 

シラノール誘導体とは

妊娠線クリームベルタに配合されるシラノール誘導体とは、
肌を引き締めキメを整える働きをもつ美容成分のこと。
海外では、妊娠時のお腹のスキンケアとして
多くの方に愛用されていますが、
日本ではまだあまり知られていない成分です。

 

 

シラノール誘導体の効果は?

シラノール誘導体は、ヒアルロン酸の2倍の保水性を持つとされ、
シャネルやランコムなど海外の高級美容液に多く配合されています。

 

 

主な効果は、コラーゲンの生成、結合。
自らコラーゲンを作りだし、それらをつなぐ作用があります。

 

 

シラノール誘導体は、肌の奥深くまで浸透して潤い&引き締め効果を発揮するため、
表面の皮膚が伸びても内部に影響を及ぼしにくいとされています。
これが、「ベルタは妊娠線の予防に最適」といわれる理由の一つ。
妊娠4ヶ月頃からの使用が効果的です。

 

 

また、シラノール誘導体にはターンオーバーを促進する
ケイ素という成分も配合されているので、
予防の他、できたしまった妊娠線についてもケアすることが可能です。

 

 

 

シラノールの副作用は?

シラノールは、元々人にある成分なので安心して使用できます。
その保有率は、赤ちゃんの時に最大で、
年齢を重ねる毎に減少するという特徴があります。

 


ノコアのメイン成分新型ビタミンC誘導体ファンコス

妊娠線クリームノコア

 

 

ベルタのシラノール誘導体と比較すると、
ビタミンC誘導体は聞きなれた成分かと思います。
妊娠線クリームに限らず、多くの美容液に使用されていますね。

 

 

ビタミンC誘導体ファンコスとは

ファンコスは、ビタミンC誘導体の新型とも言われ、
従来の200倍の浸透力を持つとされています。
フェイス用のビタミンC誘導体ですが、
ノコアではこれを贅沢にボディケアのベース成分として配合しています。

 

 

ビタミンC誘導体の効果は?

主な効果は、保湿、コラーゲン生成促進、
メラニンの抑制・分解、抗酸化、引き締めなど。

 

 

ビタミンC誘導体ファンコスの副作用は?

ファンコスは、ビタミンC誘導体の中でも
高い安定性と生体安全性を持つ成分で、安心して使用できます。